バイオグラフィー


2017年、Mikado Koko 名義での活動を開始。日本の伝統音楽とクラブミュージックを融合したトラックを発表、国内外のDJに高い評価を得る。2019年からは、ポエトリーリーディングを取り入れたアルバム『Da Ru I U Ta』他、エクスペリメンタルな作品をリリース。独自の解釈による端唄「深川節」で参加したフランスのレーベル Akuphone のコンピレーション『青鞜 Seitō』が、イギリスの The Vinyl Factory 年間ベストアルバム14位に選出された。

In summer 2017 Mikado Koko started her solo career as a club music producer with the elements of Japanese traditional music. After many releases, remixes and compilations, now she focuses on avant-garde poetry reading related to feminism and gender equality.