バイオグラフィー


2017年、Mikado Koko 名義での活動を開始。演劇・音楽・舞踊の経験で得たものを無意識的に破壊し、新たな権威に対抗する作品を産み出している。2018年には、世界12ヶ国以上のレーベルより日本の伝統音楽とクラブミュージックを融合したトラックを発表、数多くのDJに高い評価を得る。LGBTQシーンの代表曲の1つ「Walk 4 Me」の Mikado Koko リミックスがスマッシュヒットを記録。2019年からは、ポエトリーリーディングを取り入れたアルバム『Da Ru I U Ta』他、エクスペリメンタルな作品をリリース。独自の解釈による端唄「深川節」で参加したフランスのレーベル Akuphone のコンピレーション『青鞜 Seitō』が、イギリスの The Vinyl Factory 年間ベストアルバム14位に選出された。


Mikado Koko is a Japanese outsider musician. Unconsciously Koko destroys what she learned from theatre, music and dance experience, and creates her works against the new authority. In summer 2017 she started her solo career as a club music producer with the elements of Japanese traditional music. After many releases, remixes and compilations, now she focuses on avant-garde poetry reading related to feminism and gender equality.